じゃばらジュース 花粉症

これは辛い花粉症

じゃばら協会公認

 

花粉症の救世主 酸っぱくない!じゃばらジュース

 

アレジオンやアレグラ、アレロックなどの鼻炎薬をお使いの皆様へ

 

北山村産じゃばら

 






 

 

 

 

もうすぐ春ですね?しかし、寒いこの時期が
本格的「花粉症」のシーズンが到来に備えて、準備を始める時期です。
春の花粉症対策は、年明け早々に始めて丁度良いくらいです。
症状の抑制には、お正月明けからの対策が必要であると、NHKの番組で紹介されていました。

 

花粉症ようなアレルギーは、本来働かなくても良いような微量の異物に対して、免疫が
過剰に働き、その影響で体のどこかが炎症を起こしている状態です。
つまり、必要以上に防御態勢を取らないようにすれば、花粉症などのアレルギー鼻炎
の悩みは少なくなります。

 

 

花粉症の代表的なアレルゲンであるスギ花粉の飛散量は、酷暑の夏だったこともあって、
某県の予想では、平年の125%、昨年の190%ですが、
最新の報道では昨年の440%との予測もされています。

 

毎年お悩みの方には、2017年の春は辛いシーズンとなりそうです。

 

スギ花粉

 

花粉飛散カレンダー

 

また、夏から秋にかけても「カモガヤ」、「ブタクサ」、「ヨモギ」といった
アレルゲンとなる植物の花粉が飛び交っています。
これはほぼ1年中がアレルギーに注意する季節ではありませんか?

 

●花粉症の定義

 

 花粉症とはスギやヒノキなど、植物の花粉が原因となって、くしゃみ鼻水、鼻づまり
 などのアレルギー症状を起こすことで、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。
 鼻炎と言いますが、その症状は鼻だけに留まらず、目のかゆみや充血、微熱、下痢
 など、多種に及びます。

 

 しかし、日本では四季を通じて約60種類の植物が花粉症の原因となっていること
 から、1年の中の多くの時間を花粉症の症状で悩んでいる人も大勢います。

 

 また、ダニやハウスダストを原因とするアレルギー症状は、通年性アレルギー性鼻炎
 として区別されています。

 

 

●花粉症の原因

 

花粉症には、いくつの原因があるのでしょうか?

 

 ・アレルゲン

 

  これは良く知られているもので、季節によってスギやヒノキ、ブタクサなどの
  植物の花粉が、発症の原因物質となります。

 

 

 ・遺伝

 

  アレルギーも体質ですから、遺伝の影響を強く受けています。
  家族や親せきに花粉症の人が多いという心当たりがありませんか?
  そんな人は、今発症していなくても、近い将来発症する可能性があります。

 

人にはそれぞれ、アレルゲンに対する許容量が決まっており、過去から
の体内に入ったアレルゲンの積算量がリミットを切った時に花粉症を発症
すると言われています。

 

この許容量と原因物質が遺伝によって影響されていると思われます。

 

昨日までは何とも無かったのに、今日の今、あと5分後に鼻の
ムズムズと、目のカイカイが始まるかも知れません。

 

 

●花粉症の危険と不快感

 

花粉症の症状が不快なのは、あのツーっと垂れてくる水っ鼻、拭いてもかんでも
止めども無くという感じで、鼻の下がヒリヒリしてくることもあります。
また、鼻づまりによる息苦しさと、臭いを感じない時の食事の空しさ・・・

 

花粉症の時は、頭痛を伴うこともあり、また、目の痒みと止まらない涙など
体験した人でないと理解できません。

 

しかし、アレジオンやアレグラなどの薬を飲んだり、点鼻薬を入れたりしますと、
一時的に鼻は通るのですが、目のかゆみや頭がボーっとするのはなかなか
解消されません。
特に車の運転や細かい作業は、集中力が無くなって危険です。

 

運転

 

そこで、副作用の心配が無い天然成分「じゃばらジュース」がおすすめです。

 

ナリルチンはT型アレルギー全般に効果的とされるため、花粉症以外の
T型アレルギーにお悩みの方もお飲みいただけます。

 

T型アレルギーには、花粉症のほか次のものがあります。

 

 ・アレルギー性気管支喘息
 ・通年性アレルギー鼻炎(ダニ・ハウスダストなど)
 ・アトピー性皮膚炎
 ・金属アレルギー

 

 

 

スッキリしたい

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

リンク集

更新履歴