花粉症 原因 アレルゲン

春から夏のアレルゲン

春の花粉症と言えば「スギ」ですが、アレルゲンとなる花粉はそれだけではありません。
他にも気を付けるべき植物がたくさんあります。
しかも、その対策は1シーズン前から始めておかなければ、間に合いません。

 

アレルゲンとなる植物を早く知って、早い対策を行いましょう。

 

 

ハンノキ

 

●ハンノキ

 

ブナ目 カバノキ科 1月〜4月に花粉を飛散させます。
湿地や池の周りに自生していますが、公園などにも植樹
されています。

 

他にシラカンバなどがカバノキ科に属します。

 

 

 

スギ

 

●スギ

 

マツ目 ヒノキ科 2月〜4月に花粉を飛散させます。

 

日本の花粉症の代表ともいえる樹木で、国策によって
大量に植林され、全国で花粉を飛ばしています。
ヒノキと近いため両方に反応を示す人もいます。

 

 

 

ヒノキ

 

●ヒノキ

 

マツ目 ヒノキ科 3月〜5月に花粉を飛散させます。

 

昔から優れた建材として重用されているが、やはり
花粉がアレルゲンとなる。
ヒノキと時期がずれるため、スギから症状が長引く
人もいます。

 

 

シラカンバ

 

●シラカンバ

 

ブナ目 カバノキ科 4月〜6月に花粉を飛散させます。
北海道から中部以北に分布する、落葉高木です。
ハンノキに近いため、敏感な人は1月から6月
まで、症状が続く場合があります。

 

 

 

 

コナラ

 

●コナラ

 

ブナ目 ブナ科 4月〜6月に花粉を飛散させます。
北海道から九州に分布する、落葉広葉樹です。
木炭や椎茸の原木として使用されています。

 

 

 

 

 

ブナ

 

●ブナ

 

ブナ目 ブナ科 4月〜6月に花粉を飛散させます。
北海道から九州に分布する、落葉高木です。
本州以南では4月〜5月、北海道では5月〜6月
と、花粉を飛散させる時期がずれます。

 

 

 

 

ハルガヤ

 

●ハルガヤ

 

イネ目 イネ科 5月〜7月に花粉を飛散させます。
全国に分布し、道端に生えている多年草です。
バニラの風味があり、芝や観賞用としても用いられています。

 

 

 

 

 

カモガヤ

 

●カモガヤ

 

イネ目 イネ科 5月〜7月に花粉を飛散させます。
土留めとして、全国の盛土で造成された場所に植えられているほか、
牧草としても栽培されています。

 

 

 

 

 

オオアワガエリ

 

●オオアワガエリ

 

イネ目 イネ科 5月〜8月に花粉を飛散させます。

 

チモシー・グラスという牧草として栽培されていたものが、
全国で雑草化しています。

 

 

 

1年の1/4〜半分の期間は、花粉症対策を必要としている人がいらっしゃいます。
長く使用するものであれば、薬よりも安心な天然成分「じゃばらジュース」で副作用の心配無用です。

秋から冬のアレルゲン

春と同様、秋にも厳しいアレルゲンとなる花粉が飛んでいます。
秋に酷い意症状が現れる人もいるようです。
また、気の毒なことに、複数のアレルゲンを持っていて、ほぼ1年中花粉症の
症状に悩まされている人もいるようです。

 

アレルゲンとなる植物を早く知って、早い対策を行いましょう。

 

 

ブタクサ

 

●ブタクサ

 

日本には明治初期に渡来した帰化植物 7月〜10月に開花します。
スギ、ヒノキに次いで花粉症の患者が多く発生しており、秋の意花粉症の
代表的アレルゲンとなっています

 

「セイタカアワダチソウ」と勘違いしている人が多くいます。

 

 

 

ヨモギ

 

●ヨモギ

 

キク科の多年草、開花時期が地方によって大きく異なる。

 

北海道では8月〜9月、九州では8月〜11月にかけて開花する。
道端などに自生している雑草ですが、パルミチン酸、ビタミンA等
を含んでおり、新芽は食用になります。

 

 

 

 

カナムグラ

 

●カナムグラ

 

アサ科の一年草 8月〜10月に花粉を飛散させます。

 

電柱やガードレールに絡み付くつる植物
雌雄異株で、牧場や田畑、家庭排水が流れる場所などの、
富栄養価した土壌で、日当たりのよい場所に好んで自生し、
優先種となります。

 

 

 

 

トップページへ

リンク集