花粉症 蓄膿症 副鼻腔炎

副鼻腔炎とは?

一般的には「蓄膿症」という名称で知られる「副鼻腔炎」実は恐ろしい病気でした。

 

鼻腔の周辺にある副鼻腔という空洞に、炎症による膿が溜まり、重症化した場合には
カビが生えるケースも見られる。

 

一般的に臭いの判別が困難になり、食事にも支障をきたすほか、鼻水・頭痛・咳などの
症状が表れ、喘息に発展する可能性もある。

 

特徴としては、緑色っぽい粘りを持つ鼻水が分泌されるが、膿を含んでいることから、
常に異臭を感じる。

 

思考力や集中力も低下し、勉強・お仕事などの日常生活にも影響するが、車の運転など
周囲に対する安全面でも問題が生じる。

 

副鼻腔内に溜まった膿は、鼻をかんでも排出されにくいため、根治には手術が必要と
なる。
脳膿瘍、髄膜炎や、気管支への合併症をを引き起こす可能性もあり、命に係わる病気
とも言える。

 

現在では軽傷の場合は内視鏡によって膿を取り除くが、重症になると全身麻酔による
外科手術が必要となる。

 

急性の他、慢性化したもの、鼻ポリープが多発するもの、真菌性のものがある。

 

いずれにしても、鼻詰まりの段階で早めの処置が必要な疾患ですね?

 

じゃばらジュースで副鼻腔炎への入り口である花粉症対策から始める
ことは、大変有効です。

リンク集

副鼻腔炎とは?記事一覧

「蓄膿症」の俗称で知られる「副鼻腔炎」ですが、実はこんなに種類があったんです。そうなる前に予防できることもありますね?・急性副鼻腔炎 風邪やインフルエンザ、花粉症による鼻炎から発症する副鼻腔炎 慢性化する前に病院での治療が必要・慢性副鼻腔炎 急性副鼻腔炎が長引いたもの アレルゲンの数が多い人は、それだけ鼻炎の症状が出ている期間が長いため 慢性化する恐れがある。 点鼻薬を常用する人が多いが、当然副作...