和歌山県 北山村

北山村ってどんな所?

「じゃばら」の産地、和歌山県北山村ってどんな所なのでしょうか?

 

和歌山県東牟婁郡北山村は、東西南北360°を奈良県と三重県に挟まれ、さらに南西側には
同じく東西南北360°を奈良県と三重県に挟まれる和歌山県新宮市の飛び地がある、「村」が
所属する「県」とは全く接していない、丸ごとが「飛び地」の日本唯一の地方自治体です。
本土内にある村では、高知県大川村に次ぐ2番目に人口が少ない村となっています。

 

平成の大合併で県内では他の「村」がすべて消滅し、県内に残る唯一の村でもあります。

 

村の総面積の97%が山林であり、江戸時代よりこの辺りで切り出した木材を、筏に組み、北山川
に流すことで運搬し、下流の新宮で受け取っていたことから、紀州藩新宮領に属しており、廃藩置県
に伴い新宮が和歌山県に属することになったため、和歌山県に入ることを望み、叶えられました。
しかし、同じく紀州藩に属する伊勢国内の松坂は三重県とされました。

 

昭和40年に北山川にダムが建設されたため、筏師が木材に乗って川を下ることは無くなった。
他に特産物や産業が無かった北山村は、世界でもここだけでしか生産されていなかった柑橘

「じゃばら」の1,000人モニター試験を実施し、花粉症の症状改善に期待できることが分かった。

 

その後、じゃばらの売り上げは順調に伸び、現在では村の基幹産業となっている。

 

 

北山村

 

 

 

 

トップページへ

 

 

 

リンク集