乳首 メラニン

メラニンの生成と役割

メラニン色素は、皮膚が紫外線を吸収すると生成されます。
毛髪の色素も、ユーメラニンとフェオメラニンと呼ばれる
メラニンの一種です。

 

メラニンの本来の機能は、紫外線が真皮に到達するのを防いで、
正常な細胞を紫外線から守る働きをしています。
ところが紫外線が強すぎるとメラニンが過剰に発生し、シミや
ソバカスの原因になってしまいます。

 

要するに過剰な要求に相応に応えると、結果過剰な回答になって
迷惑な存在になるという事の様ですね?
何事も“適量”が一番ですが、人の要求も過剰な様です。

 

何でも「ピンク」が一番良いわけではありません。
美白も適度に!(笑)

 

 

 

リンク集

メラニンの生成と役割記事一覧

お肌がくすんできたと感じる年齢になってきたなあ・・・と実感している方、まだまだこれからです。お肌には28日周期による「ターンオーバー」があり、常に新しいお肌に生まれ変わっているのですが、本来は体を紫外線から守る役割を持つ「メラニン」の残留や、古い角質が上手く剥がれなかったりすると、黒ずみ、シミ、ゴワゴワ肌の原因となります。しかも年齢を重ねるとこのターンオーバーが衰えていき、上手く新しい肌へ生まれ変...